JAPANESE Petition

ここをクリックしてください。

 

To:
Martin Nesirky – c/o UN Secretary General Ban Ki-Moon,
Deputy Spokeperson for UN Secretary General
Mr. Durga Nidhi Sharma, Nepal Administrative Section
All, Nepal All Divisions
Mr. Top Bahadur Rayamajhi, Land, reform and Management
Deputy of the office, Nepali Congress Central Office
Mr. Pashupati Sumsher Rana, Rastriya Prajatantra Party
Chairman Mahanta Thakur, Tarai Madhesh Loktantrik Party
Vannina Maestracci – c/o UN Secretary General Ban Ki-
Moon, Associate Spokesperson for the Secretary-General
Nepal Prime Minister
Nepal Culture – Tourism and Civil Aviation Ministerこの請願書は、下記に送付されます。
Martin Nesirky – c/o 国連事務総長藩基文 国連事務総長の副 スポークスマン
Durga Nidhi Sharma 氏 – ネパールの行政区画
ネパールの全部門
Top Bahadur Rayamajhi 氏 – 国土改革とマネジメント
オフィス次長 ネパール会議派のセントラルオフィス
Pashupati Sumsher Rana 氏 – ネパール国民民主党
Mahanta Thakur 会長 – ネパール タライ-マデシ民主党
Vannina Maestracci – c/o 国連事務総長 藩基文 事務総長准スポークスマン
ネパール首相
ネパール文化 – 観光航空大臣

I just signed the following petition addressed to UN
Secretary General Mr. Ban Ki-Moon and the Nepal
Government:
私は国連事務総長藩基文とネパール政府に宛てた以下の請願書に署名致しました。
Subject:
Preserve The World Heritage Lumbini – The Buddha’s birthplace
件名:
仏陀の生誕地 - 世界遺産ルンビニを保存する。

URBAN DEVELOPMENT – “NEW WORLD PEACE CITY” PLAN –
都市開発 - ”新世界平和都市” 計画
THREATENS THE BUDDHA’S BIRTHPLACE & ITS WORLD HERITAGE STATUS
仏陀の生誕地とITS世界遺産を脅かす

– Lumbini is the Buddha’s birthplace – an archaeologically rich and sacred site located in southern Nepal. It is one of the four major pilgrimage sites of Buddhism (one of the world’s great religions), which the Buddha himself identified in the Mahaparinibbana Sutta.
– ルンビニは仏陀の生誕地である - 南ネパールに位置する考古学的に豊富で神聖な
場所。それは仏陀自身が大般涅槃経で同定した四大巡礼地(世界の偉大な宗教の一つ)
の一つである。

- At such a significant site, devoted pilgrims have come to Lumbini over the centuries and continue to do so into the present time. Herethey pay homage at the place where the Buddha was born – a placethat now contains important archaeoligical evidence about the nature of Buddhist pilgrimage centers from the very earliest times.

– そのような重要なサイトでは、献身的な巡礼者は何世紀にもわたり、ルンビニを訪
れてきた。そして今現在もそうし続けている。ここで彼らは、非常に早い時期から仏教
巡礼センターの性質に関する重要な考古学的証拠が含まれている場所 – 仏陀生誕の地
に敬意を払う。

- A Master Plan for the Development of Lumbini, which was prepared by the Japanese architect Kenzo Tange, emphasises the pilgrimage aspect of Lumbini. This was approved by the UN and the Government of Nepal in 1978. The plan includes a buffer zone of twenty two square miles to support the serenity and protection of Lumbini.

– 日本人建築家丹下健三氏により作成されたルンビニ開発のためのマスタープラン
は、ルンビニ巡礼の側面を強調している。これは、1978年に国連とネパール政府に
よって、承認された。計画では、ルンビニの静けさと保護をサポートするために22平
方マイルの緩衝地帯が含まれている。

- In 1997 Lumbini was inscribed on UNESCO’s List of World Heritage Sites in recognition of its unique importance.
– 1997年に、ルンビニは、そのユニークな重要性が認識されユネスコ世界遺産リストに登録された。

WHAT IS HAPPENING NOW ?
今、何が起こっている?

-On January 20, 2012 the Government of Nepal and the Government of the Republic of Korea signed a Memorandum of Understanding (MoU) for the preparation of the Lumbini World Peace City Preservation and Development plan. This new plan is to be designed within one and a half years by KWAAK E.S.P.R.I. and Korea International Cooperation Agency (KOICA).

– 2012年1月20日には、ネパール政府と韓国政府は、ルンビニ世界平和都市保
全と開発計画の準備の為の覚書を(MoU) 締結した。この新しい計画はKWAAK
E.S.P.R.I.と韓国国際協力団( KOICA)により1年半内に設計されるべきである。

– This World Peace City for 200,000 inhabitants will be built inside the Buffer Zone.
– 200, 000人の住民の為にこの世界平和都市は、バッファゾーン内に構築され
る。

– This agreement has been signed without informing UNESCO’s World Heritage Centre.
− この合意は、ユネスコ世界遺産センターに通知せずに署名された。

 

WHAT ARE LIKELY CONSEQUENCES OF THE WORLD PEACE CITY BEING BUILT ?
世界平和都市建設における起こりうる影響は何か?

- A Negative impact on the Outstanding Universal Value of the WorldHeritage site, particularly in terms of identity, authenticity, and integrity.Lumbini could most likely be placed on UNESCO’s danger list,threatening its World Heritage listing.

– 特にアイデンティティー、信頼性、および整合性の面で世界遺産の顕著な普遍的価
値に負の影響。ルンビニは、おそらく、その世界遺産のリストを脅かし、ユネスコの危
機リストに指定されるであろう。
– Lumbini will be affected by increased air pollution, water pollution, and noise pollution.
– ルンビニは、増大した大気汚染、水質汚染、騒音公害の影響を受けることになる。

- The loss of twenty two square miles of a restricted and agricultural buffer zone, with human encroachment and the impact of urbanization on the ecosystem.

– 人間の侵入と生態系への都市化の影響で、限られた農業緩衝地帯の22平方マイル
の損失。

- An increasing emphasis of the future development of Lumbini as apopulation centre – “World Peace City” – rather than as the Birthplaceof the Buddha. Resources will be directed towards this urbandevelopment, and its ongoing infrastructure maintenance needs,neglecting the preservation of the sacred and historic qualities ofLumbini.

– 仏陀の生誕地としてではなく、人口の中心地 – ”世界平和都市” としてルンビ二の将
来の発展を益々重視 。リソースは、 ルンビニの神聖で歴史的資質の保全を無視し、こ
の都市の発展と継続的なインフラ整備のニーズに向けられる。

- We strongly urge the UN Secretary General Mr. Ban Ki-moon and the Government of Nepal to drop the Lumbini World Peace City plan and continue to support Kenzo Tange’s master plan. This Lumbini World Heritage Site must be preserved for future generations.

– 私達は、国連事務総長藩基文(パン ギムン)氏とネパール政府に、 ルンビ二世界平
和都市計画を中止し、丹下健三氏のマスタープランの支援を継続するよう 強く要望す
る。このルンビ二世界遺産は、将来の世代の為に保存されなければならない。
For more information, please refer to: www.save-buddhist-heritage.org
詳細については、下記サイトをご参照をください。
www.save-buddhist-heritage.org

 

Sign Pettion Form_CN

First name 名

Last name  姓

Street address (街路)住所

City 市

State  州

Outside US?  アメリカ合衆国外?

Zip Code ジップコード

Why is this important to you?(Optional)
コメント(オプショナル)

Sign 署名する

Display my signature on Change.org

Keep me update on this campaign and other from Ven. Dr. Giac Hanh and Disciples charity

By signing, you accept Change.org’s term of service and privacy policy